≫ Pokémon LEGENDS アルセウスAmazonで予約受け付け中!

【スプラトゥーン2】ヴァリアブルローラーでXを目指すための使い方とテクニックを解説!

【スプラトゥーン2】 ヴァリアブルローラーでXを目指すための使い方とテクニックを解説!

※情報は随時更新していきます

 

今回の記事ではヴァリアブルローラーフォイル1本で全ガチマッチルールでウデマエXになったひまくろがヴァリアブルローラーの基礎やテクニックを解説します。

ヴァリアブルローラーは他のローラーと比較して圧倒的な塗り性能、そしてサブ・スペシャルも良い物をもっているので大きなポテンシャルを秘めている武器です。

使いこなせればガチマッチやリグマで十分に活躍出来る武器なので、今回の記事を参考にぜひヴァリアブルローラーを使ってみてください。

 

オールXでとは言えまだまだ底辺なので、それを承知の上で読み進めて貰えればと思います!

ヴァリアブルローラーの横振りの塗り・キル射程

近距離の敵や低い段差の上にいる敵を倒す時に有効な横振りは「ZRボタン」を押すことで発動出来ます。

 

まずは下記の解説動画を見て塗れる距離とキルが取れる(攻撃が当たる)距離を把握していきましょう。

 

 

塗り射程は試し打ちライン3本弱で真上を向いた場合は1本分程度。

しかし横振りはインク飛散に乱数が入っているため、ライン2本分以上離れていると意外と当たらないこともある点には注意が必要。

塗れる距離と攻撃が当たる距離がここまで違うとは…

 

 

ヴァリアブルローラーの縦振りの塗り・キル射程

ジャンプ中に「ZRボタン」を押すことで発動出来る縦振りはヴァリアブルローラーが塗り武器と言われるのも納得が行く塗り性能です。

特に先端部分の塗り力がとても高いので、そこを意識した塗りをすることでスペシャルゲージを一気にためたり、ガチエリアの確保にも活用できます。

 

塗り射程・キル射程は下記の動画を見て把握して行きましょう。

 

 

ヴァリアブルローラーの縦振りの射程は試し打ちライン5本で、かなり遠くまで塗ることが可能。

しかしキルが取れる射程となると試し打ちライン1本分短くなるという点に注意。

 

周辺が塗れてるのに当たらないとか、見えないバリアでも張られてる?

 

ヴァリアブルローラーのジャンプ横振りの塗り・キル射程

ZRボタンを押した直後にBボタンでジャンプをすると発動出来るジャンプ横振りは塗り性能的には通常の横振りとほぼ変わらず。

横振りでは届かない高さにいる敵を倒す時に積極的に活用していきたい。

 

塗り・キル射程はほぼ通常の横振りと同じですが、若干の違いはあるので下記の動画を見て把握しましょう。

 

下手にジャンプ横振りをすると、インクが正面の敵を飛び越えてダメージを与えられない事もあるので横振りと上手く使い分けが必要。

ガチマで不用意にジャンプ横振りをして何度攻撃を外したことか…

 

ヴァリアブルローラーテクニック編

ヴァリアブルローラーの3種類の攻撃パターンが少し分かった所で、次は実践で役立つテクニックや身につけておきたいキャラコンを解説して行きます。

 

ステップ1: 縦振り時のリスクを出来る限り軽減しよう

ヴァリアブルの縦振りはモーションが遅いため、1確範囲まで近づいてから発動したのでは返り討ちにされる事が多いです。

そこで縦振り時に若干の移動が出来る事を利用して、壁に潜んだ状態で縦振りを発動し、壁から飛び出て振り下ろしてキルを取るテクニックがあります。

 

 

このテクニックを活用する事で無防備な時間を減らせるので生存率が格段に上がり、更に敵のふいを付く際にも活用できる。

各ステージのマップですぐに実践で試せるおすすめのテクニックです。

ローラー系の武器を使っている人で意識せずに使っている方も多いかも?

 

ステップ2: 縦振りのエイム力を鍛えよう

横振りも大事ですが、どちらかと言うとヴァリアブルローラーは縦振りの射程を活かしてキルを取っていくシーンが多いです。

しかし先にも述べたように縦振り速度がかなり遅いので、1回1回の縦振りエイムがとても重要になってきます。

 

エイム練習方法
  1. 試し打ち右側で止まっているターゲットに対して確実にあげられる様にする
  2. 試し打ち右側で速めのエイム合わせの練習をする
  3. 試し打ち左側で動いているターゲットのエイム合わせを練習
  4. 試し打ち左側で動いているターゲットに速めのエイム合わせを練習する
  5. ナワバリバトルで実践

 

ローラーはあまりエイム練習が要らないと思われがちですが、縦振りのエイムはとても重要なのでしっかり練習しておきましょう。

※動画準備中

 

ステップ3: 縦振りの先端で遠くの敵を狙う

ヴァリアブルの縦振りは先端部分の塗範囲が非常に広いため、これをうまく活用しながら2回、3回と、敵に当ててキルを取る事ができます。

 

練習方法
  1. 試し打ち右側で止まっているターゲットに対して遠くから当てる練習をする
  2. 試し打ち左側で動いているターゲットに対して遠くから当てる練習をする
  3. 試し打ち左側の高台から動いているターゲットに対して当てる練習をする
  4. ナワバリバトルで実践

 

縦振りで段差などの上から遠くの敵を狙うシーンが割と多いので、試し打ちでもしっかりとそのシチュエーションを考慮して練習しておきましょう。

また動いている敵の移動速度を考慮した狙い撃ちも重要なので、この段階で少しずつ慣れて行く様にしましょう。

 

※動画準備中

 

ステップ4: チャクチ狩り

ヴァリアブルローラーは前線で戦うことも多いため、スーパーチャクチが攻撃の範囲内である事が多いです。

そのためタイミングさえ合いそうなら積極的にチャクチ狩りを狙って行きましょう。

 

チャクチ狩りをするためには…
  1. スーパーチャクチ持ちの武器を何となく覚える
  2. バトル開始時にチャクチ持ちがいるかを武器構成を見て判断
  3. スーパーチャクチの音に警戒しならバトルを進める
  4. スーパーチャクチが近くで発動されたら上を向き縦振り or  横振りを発動

 

縦振りはスーパーチャクチの音が聞こえてから発動したのでは時間的に間に合わないので、既に縦振りの初動作が発動されていた時のみ縦振りでエイムを合わせて倒しましょう。

またスーパーチャクチの高さは段差の上などから発動されてちない限りは、横振りやジャンプ横振りでも届くので、狙えそうであればこれらで倒すのもありです。

 

敵との距離や今の自分のキャラの行動状態を瞬時に判断して見極める必要があるため最初は慣れが必要ですが、他の武器と比べてチャクチ狩りがしやすい武器なのでぜひ意識しておきましょう。

※動画準備中

 

ステップ5: 曲射

最後はヴァリアブルを使うならぜひ習得しておきたい曲射です。

目の前の壁の反対側、オブジェクトの反対側、シールドの反対側などにいる敵を倒すのに活用出来ます。

 

敵との距離感を意識しつつ、絶妙な角度で上を向いて横振り or 縦振りをする必要があるため難易度は他のステップと比べて高めです。

慣れないうちはギアの「サーマルインク」を積んで、敵の位置を把握しやすくするのもおすすめです。

 

※動画準備中

 

ヴァリアブルローラーフォイルおすすめのギア

※詳細は準備中

 

※各種数値は39方式で記載

ヴァリアブルローラーにおすすめのギア
  1. イカニンジャ:裏取りやスニーキングに便利。生存率アップにもつながる
  2. イカダッシュ速度アップ:イカニンジャを積む際には必ずセットで付けておきたい
  3. インク効率アップ(メイン):0.2積むと縦振りが1回多く発動可能
  4. サーマルインク:曲射に便利
  5. スーパージャンプ短縮:0.1積むだけで大分生存率が上がる
  6. 相手インク影響軽減: 0.1積むだけで擬似確を逃れられる場面が増える
  7. スペシャル減少量ダウン: 0.1積むだけで死亡時のスペシャル減少量を抑えられる

 

ヴァリアブルローラーフォイルおすすめの立ち回り

※各種ルール別に解説予定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。